最強はどれ?おすすめの人気ポータブル電源&ソーラーパネルをご紹介!【Wh計算機付き】

2022/10/21

  最強はどれ?おすすめの人気ポータブル電源&ソーラーパネルをご紹介!【Wh計算機付き】

ポータブル電源とは、外部電源からバッテリーに蓄電し、その電気を使って電化製品を動かすことができる電源装置のことです。キャンプ、防災、お庭のお手入れやべランピングで活用できます。

値段は容量によって変わり、200Wh程度であれば2万円程度で比較的安く購入できますが、2000Wh以上になると20万円超えてきます。

使う用途によって必要な容量が違うので、どのぐらいの消費電力量(Wh)を使うか想定しておきましょう。この記事では、消費電力量(Wh)の計算方法とおすすめのポータブル電源を紹介をしますのでぜひチェックしてください。おしゃれなデザインのポータブル電源もありますよ。

Contents

ポータブル電源の選び方 – どんな機能をチェックしておくべき?

必要な容量(Wh)をチェック

ポータブル電源は容量によって値段が変わります。商品を見ると「商品名1000」「商品名500」と書いてあることが多いですが、数字は消費電力量(Wh)を指していることが多いです。

ポータブル電源は、容量によって値段が違うので、自分にあった容量を選ぶ必要があります。必要な容量は、用途によって変わってくるので、どのような用途で、どのような電化製品を使うか確認しましょう。

【お庭】でポータブル電源を利用するならどのぐらいの容量(Wh)が必要?

お庭で芝刈り

お庭で草木のお手入れをしたり、くつろいだりする用途で使うのなら、200Wh〜1000Whの間のポータブル電源がおすすめです。

ミニヒーターなど熱を発するものは電力を使うので、熱を発する電化製品を使うなら大きめの容量が安心でしょう。

実際に用途を想定してみましょう。消費電力量は、以下のように計算できます。
消費電力量の計算方法:消費電力(W)× 時間(h) = 消費電力量(Wh)

家電の参考ワット数

芝生バリカン
400W
携帯充電
10W
パソコン充電
30W
扇風機(サーキュレーター)
40W
ミニヒーター
600W
ポータブル冷蔵庫
50W

夏にお庭で3時間くつろぐ時に使うなら 270Whの容量が必要

扇風機 40W × 3h = 120Wh
ポータブル冷蔵庫 50W × 3h = 150Wh

お庭のお手入れに使うなら 800Whの容量が必要

芝生バリカン 400W × 2h = 800Wh

自分で計算するなら消費電力量計算機▼

【キャンプ・アウトドア】でポータブル電源を利用するならどのぐらいの容量(Wh)が必要?

キャンプ

野外のキャンプに持って行くなら、500Wh〜2000Whの間のポータブル電源がおすすめです。

スマホの充電やランタンなど最低限のものに使うなら、500Wh程度の容量で十分です。

電気毛布、電気コンロ、ミニヒーターなどを想定するなら、1000Wh以上のポータブル電源が必要になります。

特に熱を発する電化製品は消費電力量が大きくなるので、連泊する時は計算しながら使いましょう。

ポータブル電源の充電は家のコンセントからできますが、その他にも車のシガーソケットからも充電できます。キャンプで使うのであれば、カーチャージすることも想定して良いでしょう。

また、キャンプは野外なので、日中に充電できるようにソーラーパネルが付いているものを購入するのもおすすめです。

実際に用途を想定してみましょう。消費電力量は、以下のように計算できます。
消費電力量の計算方法:消費電力(W)× 時間(h) = 消費電力量(Wh)

家電の参考ワット数

ランタン
80W
携帯充電
10W
ポータブル冷蔵庫
50W
扇風機(サーキュレーター)
40W
ドライヤー
800W
電気毛布
40W
プロジェクター
120W
ミニヒーター
600W
電気コンロ
800W

夏のキャンプで使うなら 630Whの容量が必要

携帯充電 10W × 3h = 30Wh
扇風機 40W × 5h = 200Wh
ランタン 80W × 5h = 400Wh

冬のキャンプで使うなら 1510Whの容量が必要

携帯充電 10W × 3h = 30Wh
ランタン 80W × 5h = 400Wh
電気毛布 40W × 7h = 280Wh
コンロ 800W × 1h = 800Wh

自分で計算するなら消費電力量計算機▼

【防災用】にポータブル電源購入するならどのぐらいの容量(Wh)が必要?

防災のためのポータブル電源セット

防災目的で購入するのであれば、1000Wh〜3000Whの間のポータブル電源がおすすめです。有事の際は、どの期間避難が続くかわかりません。なるべく容量は大きいものが安心です。

また、日中に充電できるように、ソーラーパネルとセットのものを選ぶのがおすすめです。

実際に用途を想定してみましょう。消費電力量は、以下のように計算できます。
消費電力量の計算方法:消費電力(W)× 時間(h) = 消費電力量(Wh)

家電の参考ワット数

携帯充電
10W
電子レンジ
600W
炊飯器(3合炊き)
700W
電気毛布
40W

災害時に必要最低限で使用するなら

携帯 10W × 3h = 30Wh
電子レンジ 600W × 0.5h = 300Wh

1日に330Wh使用 1000Whの容量のポータル電源であれば、3日程度使用可能
1日に330Wh使用 2000Whの容量のポータル電源であれば、6日程度使用可能

自分で計算するなら消費電力量計算機▼

消費電力量(Wh)計算機

消費電力量(Wh)の計算機を作成したので、実際にどんな電化製品を使うか想定して計算してみましょう。

    +

    必要なポータブル電源の容量はWh

    • 数字を入力してください。
    • 割り切れない数は四捨五入します。
    • 参考のワット数(W)は目安にしてください。

    定格出力を確認

    定格出力は、製品に対して安全に流し続けられる電流値のことを言います。ポータブル電源の定格出力より大きい消費電力(W)の製品を接続すると動かない場合があります。

    500Wh以下の容量のポータブル電源を使う場合は、ドライヤーや電子レンジなど使えない可能性があるので、確認が必要です。

    出力ポートを確認

    ポータブル電源の出力ポート

    コンセントの種類、数は確認しておきましょう。コンセント、USB、シガーソケットが接続できる商品が多いです。

    携帯のワイヤレス充電ができるものもあります。

    ポータブル電源の重さと大きさ

    ポータブル電源の容量が大きいほど、比例して重さも重く、大きさも大きくなります。大きいものを買う場合は、運びやすいかどうかもチェックしておくと良いでしょう。

    重さはあるけど大きさが小さいものや、ローラーがついたものなど商品によって特徴があります。

    また、部屋に置く場合は、配置場所の長さを測っておきましょう。

    ポータブル電源の保管方法

    物置

    ポータブル電源は、高温多湿は苦手です。直射日光に当てっぱなしにすると電池が劣化してしまいます。保管する場合は、屋内に置く場所を作っておきましょう。

    また、保管していても3ヶ月に1回は使うようにしましょう。使わないで1年放置してしまうと、自然放電してしまいバッテリーが0%の状態が続くことで、劣化したり、再充電できなくなってしまいます。いざというときに使えないと元も子もありません。

    できれば部屋に置いて、日頃から携帯やパソコンなどの充電に使うのがおすすめです。

    ポータブル電源の充電方法

    ポータブル電源の充電方法は、3つあります。

    家庭用コンセント

    家庭用コンセント

    家庭用のコンセントから充電できます。一番早く、簡単に充電できます。

    ソーラーパネル

    ポータブルソーラーパネル

    ソーラーパネルから充電できます。充電時間は、天気によって左右され、家庭用コンセントに比べると時間がかかります。

    しかし、災害時には電気が通らない可能性があります。その時に充電できる手段があるとないとでは全く違います。できればポータブル電源とセットで購入しておくと安心です。

    カーチャージ(車からの充電)

    シガーソケットコード

    ポータブル電源は、車のシガーソケットからも充電することができます。専用コードが付いている製品は多いので、必要な場合は確認しておきましょう。

    ポータブル電源の人気おすすめブランド

    ここからは、人気のポータブル電源を紹介します。日本製もありますが、海外製品が多く、知名度も高いです。

    おしゃれなデザインのポータブル電源が多いので、お部屋で保管する場合もインテリアの邪魔しません。

    Jackery(ジャクリ)

    Jackery(ジャクリ)

    公式サイトを見る

    アメリカ生まれのポータブル電源ブランドJackery(ジャクリ)。ポータブル電源の中では一番有名なブランドです。容量は目的や用途で選べ、240Wh〜2000Whまであります。製品は、正弦波インバーター、日本仕様の100V、安全認証済み、2年間製品保証つき、無料配送なので、ネットショップでも安心して購入できます。

    ブランド

    アメリカアメリカ

    取扱商品
    ポータブル電源 / ソーラーパネル

    Jackery(ジャクリ)のおすすめ商品

    • Jackery Solar Generator 2000 Pro ポータブル電源 ソーラーパネル セット

      Jackeryのポータブル電源とソーラーパネルがセットになった製品。コンセントがなくても発電、充電ができるオールインワンの太陽光システムとしてキャンプ、車中泊、万が一の停電時でも確実に電気を確保することができます。
      446,000円(税込)

      商品を見る

    ジャクリの口コミ

    • Jackery ポータブル電源 400 購入

      冬の長野県で車中泊に使用しました電気毛布を二日間使用しても残量25%これで寒い冬の車中泊は安心です。とくに使用中の音も気になりません大変満足です。

    • Jackery Solar Generator 1000 ポータブル電源 ソーラーパネル セット 購入

      女性の私でも持ち運びし易い重量で良かったです。取り扱いも分かりやすく、キャンプや車での遠出時、災害時以外にも、自宅でいろいろ使ってみようと思います♪

    • Jackery Solar Generator 708 ポータブル電源 ソーラーパネル セット 購入

      私のようなアクティブ高齢者にも簡単に取り扱えます。
      この度は台風の前に届いたので、台風時の停電に対応出来て、大変よかったです!今後、キャンプにも持って行こうと思っています。

    公式サイトより参照

    EcoFlow(エコフロー)

    EcoFlow(エコフロー)

    公式サイトを見る

    ブラックフライデーセール

    ポータブル電源・ソーラーパネルが最大50%OFF!タイムセールもあるので期間中お見逃しなく!2022年12月1日まで

    EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源DELTA Proは世界最速で充電可能!高性能で革新的なEcoFlowのポータブル電源は、ポータブルかつクリーンで安心安全な電力を使うことができます。容量や値段に悩んでいる人は、後から容量を増設できるRIVERシリーズがおすすめです。

    ブランド

    日本日本

    取扱商品
    ポータブル電源 / ソーラーチャージャー / ケーブル / エクストラバッテリー / ケース・バッグ / アクセサリー

    EcoFlow(エコフロー)のおすすめ商品

    • EcoFlow RIVER Proエコフローリバープロ

      幅広い家電製品や機器に対応のポータブル電源。1時間でゼロから80%へ充電!
      79,800円(税込)

      商品を見る

    TogoPower(トゴパワー)

    TogoPower(トゴパワー)

    公式サイトを見る

    ポータブル電源とソーラーパネルのメーカーTogoPower(トゴパワー)。大容量、軽量、安全性が高い、使いやすい、コスパがいいなど評判が高く、人気が上昇中。特に他の商品と比べて軽いのが特徴。キャンプやアウトドアなどで移動させることが多い人には、特におすすめしたいメーカーです。さらに、スマホのワイヤレス充電が可能なのも嬉しいポイント。TogoPower(トゴパワー)公式サイトでは2000円クーポンが入手できます。

    ブランド

    アメリカアメリカ

    取扱商品
    ポータブル電源 / ソーラーパネル

    TogoPower(トゴパワー)のおすすめ商品

    • 【超軽量】TogoPower ADVANCE1000 ポータブル電源 大容量 ポータブルバッテリー

      1000W(瞬間2000W)の高出力で、炊飯器、アウトドア冷蔵庫、IHクッカーなどの電気製品を使うことができます。大容量ながらコンパクトで本体重量8.6kgで持ち運びもしやすい!非常用電源としておすすめです。
      139,800円(税込)

      商品を見る

    トゴパワーの口コミ

    • 【新品】TogoPower ADVANCE500 ポータブル電源 ポータブルバッテリー 購入

      災害時の施設の非常用電源として異購入しました。 他社と比較していろいろと迷いましたがコストパフォーマンスを考えてこの製品に決定。 従来の各種ソケットに加えて機械の上部で携帯のワイヤレス充電が可能という機能だけでもありがたいです。 ハンドル部のLED照明も便利です。 シガレットプラグや太陽電池パネルに接続するための各種ソケットが付属しているのも大変ありがたくて、充電の際に困らなくて良いです。 容量もそこそこあって液晶パネルもわかりやすくてコストパフォーマンスは極めて良い製品です。 1台目を購入して機能が充実しているのに満足してセール期間中にもう1台買いました。 最初の購入の時におまけのポーチは必要ないとしてちょっと後悔。 ポーチはケーブル類を収納するのにちょうどよい大きさなので、おまけが付いているなら必ずもらったほうが良いです。 良い買い物をさせていただきました。 実際の使用感や充電などについてはこれからじっくり試していきます。

    • 【超軽量】TogoPower ADVANCE1000 ポータブル電源 大容量 ポータブルバッテリー 購入

      北国は災害時温風ヒーター無しでは死活問題ですから導入しました。 開封充電して早速テスト。点火時はパネル表示720Wでした。FF側は650w仕様ですが10%ほど本体消費すると見てましたので想定内。やく3分程で点火し、その後は22Wを維持、今のところ順調に燃焼してます。 ECOモードでは毎回点火してしまうのでFF側はecoモード切ってます。全く問題無しです。 消火させないで使えば短く見積もっても35時間くらい使えます。考えたらパススルーですので車から充電しながらFF温風使えるんでした。やっと防災用に使える電源に巡り会えました。お勧めです♪

    公式サイトより参照

    PowerArQ(パワーアーク)

    PowerArQ(パワーアーク)

    公式サイトを見る

    PowerArQ(パワーアーク)はコスパが良いと評判のポータブル電源です。日本のポータブル電源ブランドで、サポートも日本語なので、「海外の電源はちょっと心配」という方にもおすすめ。人気なのは「PowerArQ 2(パワーアーク2)」。容量500Whです。公式サイトではLINEお友達登録で、PowerArQ(パワーアーク)3000円クーポンが入手できます。

    ブランド

    日本日本

    取扱商品
    ポータブル電源 / ソーラーパネル

    PowerArQ(パワーアーク)のおすすめ商品

    • PowerArQ2 ポータブル電源 500Wh Smart Tap

      容量500Whの人気ポータブル電源。ワイヤレス充電、USB Type-C付きなど今欲しい機能がついて、コンパクトなモデルです。
      59,800円(税込)

      商品を見る


    SABUMA(サブマ)

    SABUMA(サブマ)

    公式サイトを見る

    大容量のポータブル電源で、美しいデザインが人気の「SABUMA(サブマ)」。キャンプや車中泊などのレジャー用途だけでなく、ほぼ全ての家電が長時間使用可能。災害時に必要とされる2〜3日分の電気を十二分にまかなえます。

    ブランド

    中国中国

    取扱商品
    ポータブル電源 / ソーラーパネル

    SABUMA(サブマ)のおすすめ商品

    • SABUMA ポータブル電源 S2200

      2,258Whの大容量蓄電池。独自技術によりわずか2.5時間でフル充電できます。ほとんど全ての家電を長時間使えるます。防災製品等推奨品(一般社団法人防災協会)認証取得。
      269,500円(税込)

      商品を見る

    サブマの口コミ

    • SABUMA ポータブル電源 S2200 購入

      防災用途・キャンピングカーの車中泊に使用するため、2000Wh以上の大容量のポータブル電源を探しておりましたが、デザインや大きさ・重量はもちろん、液晶パネルの入出力・残量の表示や高速充電の有無・Whあたりの価格等を比較考慮した結果、最も優れていると判断し購入しました。
      今のキャンピングカーにはサブバッテリーのみで、エアコン・レンジ・湯沸かしポット等、高出力の電化製品の使用を躊躇っていましたが、思う存分使用することができて非常に快適です。
      充電入力を変更できるのも便利で家では1500Wの入力、走行充電では負担の少ない400Wか800Wで充電しています。これなら夏場でも一晩エアコン稼働が可能なのではと思っておりますが、もしかしたらCHABUMA+もう一台欲しくなるかもしれません笑

    • SABUMA ポータブル電源 S2200 購入

      キャンプ、子供のサッカークラブの遠征時などに使用するため購入を決めました!また、最近災害も多いので、有事の際の備えとしても期待しています。
      女性が持つには多少重いですが、容量、デザイン、使いやすさは文句なしです。購入して良かったと思っています。
      太陽光パネルは、まだ未使用ですが、近いうちに使用してみたいと思います。

    • SABUMA ポータブル電源 S2200 購入

      今回SABUMAバッテリーの購入を決定した最大の理由は、大容量なのに小さく軽量なので持ち運び可能と判断したことと、今までにないおしゃれなデザインです。利用目的はキャンピングカーに常設して、電子レンジやIHヒーターの電源にするためです。実際車に設置しましたが、スリムなので邪魔にならず容量のわりに軽量なので置く場所を制限しませんでした。使ってみた感想はレンジ、IHヒーター等の家電にも何ら問題なく使用することができました。キャンピングカーに備え付けのサブバッテリーだけでは、容量的に長旅には不安でしたが、これからは安心して移動できます。高額でしたが購入してよかったと納得しています。

    公式サイトより参照

    BLUETTI(ブルーティ)

    BLUETTI(ブルーティ)

    公式サイトを見る

    大容量かつ安全なポータブル電源を提供するBLUETTI(ブルーティ)。リン酸鉄リチウムイオン電池採用で安全性が高く、出力ポートが多種多様、2000Whの大容量タイプもあり災害時の備えにおすすめ。「ゆるキャン△」特別版のかわいいポータブル電源などキャンプにぴったりの商品も。

    ブランド

    中国中国

    取扱商品
    ポータブル電源 / ソーラーパネル

    BLUETTI(ブルーティ)のおすすめ商品

    • EB70小型ポータブル電源「ゆるキャン△」特別版

      「ゆるキャン△」のロゴつき。マカロンブルーでかわいいポータブル電源です。コンパクトなのに716Whの大容量で冬キャンプに一番ピッタリです。800Wの定格出力で一般的なキャンプ用電気製品が使えます。
      78,800円(税込)

      商品を見る

    ブルーティの口コミ

    • BLUETTI EB3A超小型ポータブル電源 購入

      車載冷蔵庫用に購入しました。スーパーへ買い物行った時に冷蔵物を買ってしまうと他へ行けない縛りがありましたが、これを購入後は比較的選択肢が広がりました。走行充電もできる為活躍しています。容量の問題から丸一日放置される方は700WHクラスでないと夏場は持ちませんので注意が必要です。

    • BLUETTI EB70S小型ポータブル電源 購入

      選択肢としてリン酸鉄リチウムバッテリーであること、出力が600W以上であることから購入しました。容量が1,000wh位だと冬の車中泊で安心なので、サブとしてもう1台欲しいです。注文から到着は早かったですし、梱包も丁寧でした。

    • BLUETTI EP500ポータブル電源 | 大容量ポータブル電源 購入

      万が一の防災に備えてポータブル電源を探してるけど、結局こっちにしました。やっぱり、老人も幼児もいるので、大容量大出力のものがいいです。決して安い買い物ではないですが、普通の蓄電池よりお得な気がします。プレゼントのポータブル電源を避難用にぴったりで 満足です。

    Oukitel(オキテー)

    Oukitel(オキテー)

    公式サイトを見る

    長寿命、大容量、高出力、急速充電のポータブル電源を扱うOUKITEL(オキテー)。P2001は特に評判が良く人気です。2000Whの大容量ですが、1.5時間でフル充電できます。

    ブランド

    中国中国

    取扱商品
    ポータブル電源 / ソーラーパネル

    Oukitel(オキテー)のおすすめ商品

    • OUKITEL ポータブル電源 P2001 2000W/2000WH

      2000Whの大容量。長寿命、高出力、急速充電を兼ね備えたPowerHouseシリーズのフラッグシップモデル。リン酸鉄リチウムイオン電池採用。純正弦波出力 周波数50Hz/60Hz自動切替。
      218,000円(税込)

      商品を見る

    タイプ別ポータブル電源

    大容量のポータブル電源

    容量が1000wh以上のポータブル電源は、キャンプや災害時には長持ちするので安心です。

    容量:1000wh

    1000whのポータブル電源は、一番おすすめの容量です。キャンプや災害時の時にも使える容量で、大きさや重さもポータブル電源の中では中間に位置するので、置き場所、移動を考えてもちょうど良いサイズです。

    容量:2000wh

    2000whのポータブル電源は、容量が大きいので、特に災害時には安心です。大きさがあるので、インテリアに合ったデザインを選ぶと良いでしょう。

    容量:3000wh以上の大容量

    3000whのポータブル電源は、かなりの大容量です。もし長時間停電が起こったら、十分な電力が必要です。非常時に備えて安心できる容量です。

    ただ、容量が大きいので、その分重さも重くなります。キャンプなどの移動にも使うのであれば、ローラーが付いたものがおすすめです。

    軽くて安いポータブル電源

    軽くて安いポータブル電源を探しているのであれば、容量が500Wh以下のものがおすすめです。大容量のポータブル電源は10万以上しますが、500Wh以下であれば、10万円以下で購入できます。

    もし容量が心配な場合は、ecoflowのような容量を増設できるタイプがおすすめです。

    容量:500wh

    500whのポータブル電源は、大容量に比べて軽いので、庭やキャンプで使うときに移動が楽にできます。

    容量:300wh・200wh

    300wh・200whのポータブル電源は、軽くて安いものを探しているのであればぴったりです。災害時に、携帯電話だけでも使えるようにしたいのであれば、300wh・200whの容量でも数日充電に使えます。

    ソーラーパネルとセットのポータブル電源

    ポータブル電源を購入するのであれば、ソーラーパネルとセットがおすすめ。ポータブル電源の容量が少なくても、キャンプなど野外であれば、ソーラーパネルで充電することができます。また、停電が起こった時にも、充電方法があるのは安心です。

    ポータブル電源の色で選ぶ

    ポータブル電源の保管は室内が適しているので、インテリアに馴染むデザインを選びたいですね。

    白のポータブル電源

    インテリアを明るめで揃えているのであれば、白のポータブル電源がおすすめです。ポータブル電源は黒が多いので、白のポータブル電源をピックアップしました。

    カラフルなポータブル電源

    ポップなカラーのポータブル電源も多く販売されています。自分の好きなカラーを選べるのも嬉しいですね。

    ポータブル電源まとめ

    色々なポータブル電源について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

    災害時に備えてポータブル電源を購入したいけど、高いからどうしようか迷っている人も多いのではないでしょうか。容量が少ないものであれば、比較的安く購入できます。一つでも備えておけば、安心感があります。

    もし購入を考えて、どれにしようか迷っているのであれば、1000Whのソーラーパネル付きのポータブル電源が容量、サイズ、使い勝手で一番ちょうど良いのでおすすめです。

    自分に必要な容量を想定して、最適なポータブル電源を見つけてくださいね。

    ※価格は、時期によってレート、セール、値段の見直しによって変動する可能性があるので、ショップにてご確認ください。

    紹介した通販ショップ

    ワーコレキャンペーン・クーポンお得情報BLACK FRIDAY

    本日(2022/11/28)のレート

    アメリカ ドル

    139

    ユーロ

    144

    カナダ ドル

    104

    オーストラリア ドル

    94

    イギリス ポンド

    168

    ニュージーランド ドル

    87
    おすすめの人気ネットショップサービス